ホーム   >   タカノの事業   >   オフィスファニチャー   >   溶接技術

最新の溶接ロボットで美しい溶接外観

溶接技術


イスの製造で培った溶接工の職人技術に加え、最新の溶接ロボットを導入し、美しい外観が求められる溶接ワークを日々生産しています。
生産量の変動に対応できる生産システムをとっており大量生産から小ロット生産に対応します。また、溶接から表面処理、組立までの工程を一貫して行えば、リードタイム短縮、コストダウンなど、メリットも増大します。
  • 溶接の種類

    ● 各種溶接に対応しています
    CO2溶接、MAG溶接、TIG溶接、ろう付け溶接、スポット溶接(ロボット)の技術があり、ワークに最適な加工が可能です。
    主にスチールとステンレスに対応しています。その他はお問い合わせください。
    また、2020年よりステンレスMIGの工法を新たに導入し生産を始めております。
  • CO2・MAG溶接
  • スチール TIG溶接
  • スポット溶接
  • ステンレス TIG溶接

溶接の種類と加工可能な材料一覧

シールドガス 特 徴 スパッター ランニング
コスト
仕上がり 速度 加工可能な材料
スチール ステンレス アルミ
CO2
溶接
CO2
(炭酸ガス)
炭酸ガスを使用します。
コストが低いため、半自動溶接では一番多く用いられ、鉄(軟鋼)の溶接に最適です。
× × ×
MAG
溶接
Ar80%+
CO2:20%
混合ガス(炭酸ガス20%+アルゴンガス80%)を使用します。
主に鉄(軟鋼)の溶接に用いる。CO2(炭酸ガス)溶接と比べ、スパッターが少なく仕上がりがきれいなのが特徴です。
×
TIG
溶接
Ar
(アルゴン)
TIGは、Tungsten Inert Gasの略で、タングステン-不活性ガス溶接の意であり、電極棒に消耗しない材料のタングステンを使用して、ほとんどの金属を溶接出来ます。 ×
MIG
溶接
Ar:80%
O:2%
混合ガス(アルゴンガス+酸素2%)を使用します。
ワイヤーは母材に合わせ、ステンレス用ワイヤーを使用します。
×
ろう付け 「ろう接」技術のひとつで、接合する2つの母材の間に、融点が母材より低い「ろう」を溶かして落とし、毛細管現象によって浸透拡散させ、冷却して凝固することによって接合する方法。 ×
スポット
溶接
スポット溶接とは、溶接する金属母材の上下から電極をあて大電流を流して加熱し、2つの母材を溶接する圧接法です。溶接速度が速く、自動化に向いています。 ×
1個の試作品から量産まで加工対応が可能です。
※量産の最低ロットは完成品ベースで100個から、最大ロットはご相談ください。

《加工可能な材料について》
〇:非常に適した溶接方法です △:加工可能な溶接方法です ×:不向きな溶接方法です
※赤色は弊社で実施している溶接

溶接技術者の職人技と教育

溶接技術者が多数在籍し、レベルに応じて、溶接作業の必須教育の受講から専門級の資格取得をしています。
また、社員本人の意思でチャレンジできる環境や風土があり、国内資格(JIS,WES)に基づく溶接技能者資格を継続的に受講し、技能の維持、向上を図っています。

熟練技術者によるTIG溶接の様子

溶接教育を行い若手技術者へ技術を継承しています
  • 溶接技術ご紹介動画

  • 担当する社員の声 

    日々、美しい溶接を追求
    溶接経験は20年ほどになりますが、つねに滑らかで美しい溶接を心がけています。
    難しい作業ではありますが、そこが溶接の奥深さとおもしろさだと思っています。
    また、「もっときれいな溶接ができるのではないか」と考え、日々動画などでより良い方法を探しています。
    良さそうな方法を見つけたら次の日に実践してみるということを繰り返し、つねに模索しながら美しい溶接を追求しています。

    ロボットを活用し生産性をアップ
    溶接ロボットに溶接の動きを覚えさせるティーチングの作業では、ロボットが製品にぶつからないように製品のサイズごと、ミリ単位のわずかな角度調整を行っています。
    今後はよりロボットの導入が進むと思うので、ロボットの性能を最大限に生かすことで生産性を上げていきたいと思います。
    効率の良い生産を行うことでお客様に喜んでいただけるように取り組んでいきたいです。

  • タカノの事業